お肌のシミや黒ずみの原因は大量に浴びる紫外線です

美白の大敵といえばお肌のシミや黒ずみです。
これの原因ははっきりしており、太陽から降り注ぐ紫外線がこれらの原因のほぼ100%です。
本来はお肌を紫外線から守るのがメラニン色素の役割ですが、お肌の老化が進みターンオーバーが鈍ることで、このメラニンがいつまで経っても消えない黒ずみやシミとなって残ってしまうというわけです。
そこでシミや黒ずみを防ぎ、美白を守るためにはとにかく紫外線対策をとるということに尽きます。
紫外線が非常に強く降り注ぐ春夏はもちろん秋冬もできれば日焼け止めをつけて外出したいものです。
現在紫外線の量はとても増加しており、かつては健康のために推奨された日光浴も弊害のほうが強調されるようになってきています。
さらに見落としがちなのが屋内で紫外線を浴びることです。
実は家のなかにいるときでも窓の外からの反射などでお肌は紫外線を浴び続けています。
もちろん屋外よりもずっと弱まってはいるのですが、家の中では日焼け止めもつけずに無防備なことが多いのでそのダメージは蓄積されて無視できない大きさになっています。
カーテンやサッシなどを利用してできるだけ屋内への入射も防いでおきたいものです。

アラフォーでもあり、日々アンチエイジングに取り組み中です!

20代の頃はとにかくしっかりと眠るだけでお肌のハリも潤い感もばっちりだったのですが、アラフォーとなる今となっては本当に悩んでしまう日々でもあります。
ただただ眠るだけではお肌はもう復活はしてくれないのです。
復活はしてくれないのにも関わらずトラブルお肌へと進行までしてしまうので悩みの種となってしまうのです。
乾燥肌が続くとしわやたるみとなってしまい、美白ケアを怠るとそばかすがどんどんと増えてしまう、腸内環境が整っていないと吹き出物まででてきてしまうという始末でもあります。
そこで、とにかくしっかりと眠ること以外にも自分なりのアンチエイジングケアとして保湿潤い美白ケアに励むようにしています。
これでもかというくらいたっぷりとルナメアの美容液と化粧水をお肌にしみこませ、フェイスマスクもマメに行いケアをするようにしています。
こうするとお肌にみずみずしさがでてくる気がするのです。
紫外線にあたってしまった時には特に時間をかけてケアをするようにしているとそばかすやしみ、たるみもできにくいようです。
日々お手入れをすること、そして食生活と睡眠時間に気をつかうことがやはり最大限のアンチエイジング方法のようです!


ニキビとコスメ

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

QRコード